プロダクトエンジニア 新卒採用情報

問題解決が好き。
自分で見つけた問題に食らいついて、思いつく限りの手を尽くし、
なんとか頭を捻って複雑な問題を解くことが大好き。
そんな、25卒のあなたへ。

SmartHRは「100の問題を100人で1つずつ解く組織」を目指しています。
私たちプロダクトエンジニアも、そのために色々と試行錯誤しています。

解くべき問題は、日を追うごとに大きく、複雑になっています。
数十万人規模の会社で利用しても耐えられるよう日々クエリチューニングをし、
リリースから8年近く経ったコードベースの技術的負債にも向き合い、
それでいて新たなプロダクトの開発や基盤構築だって進めなくてはいけません。

解くべき問題は、エンジニア組織の中にだってあります。
「人が欲しいもの」を作るための開発プロセスとは何か、
急拡大の中で変えていくべき習慣や守るべき文化とは何か、
新しく入ってくる皆さんに私たちが求めるべきものは何か、
常に考え、話し合いながら、どうにか少しずつ前に進んでいます。

完成された組織では、決してありません。
毎日ドタバタで、何もかも手探りです。

正直に言ってしまうと、
新卒の皆さんをどう受け入れ、どう育てていくのか、
インターンではどんな課題に取り組んでもらうか、
このテキストを書いている時点では、あんまり細かく決まっていません。

でも、だからこそ。
問題解決が好きなあなたにとって魅力的な環境であることは、保証します。

仕事を進めるうえで知らなければならない情報がすべて手に入る環境であること、
やるべき理由があって、やりたいと思ったことに対して絶対にNoを出さない環境であること、
困難の中で懸命に挑戦し、その過程で失敗から学ぶことを許容する環境であること、
いちばん本質的な問題に、いちばん近くで、真正面から挑める環境であること、
それだけは、保証します。 

101個目の問題を解いてみたい方、お待ちしております。

株式会社SmartHR
プロダクトエンジニアグループ 新卒採用準備室

概要

役割

新機能開発や既存機能の改修を中心として、企画・設計・開発・運用の一連のSaaSプロダクト開発に必要な全てのフェーズに携わっていただきます。また、風通しの良いオープンな社風を良しとしているため、エンジニアリング領域のみならず全社的・組織的な改善提案や議論についても自由に行うことができ、チームとして課題を解決していくことを最重要視しています。

具体的な業務

  1. 開発関連: 実装・テストコード追加・レビュー・検証・リリース、などプロダクト開発に必要なことを職能に縛られず横断的に行っていただきます
  2. 問い合わせ対応: 仕様確認、不具合調査など
  3. 仕様検討: PdM・デザイナとの協働、ユーザーヒアリングなど
  4. プロジェクト進行: 多くの場合スクラムをフレームワークとして利用しているため、各種イベントの進行・改善を通してチームとしてプロジェクト進行に取り組んでいただきます

応募条件

  • 学年・学歴・学部・学科不問(高専生・専門学生でも応募いただくことができます)
  • 正社員としての就業経験がない方
  • 日本での就労資格を持つ方
  • 自宅に業務遂行可能なネットワーク環境がある方

賃金

  • 給与制度タイプ「能力重視A」のポジションです
    • 給与テーブル等の会社紹介資料「給与制度について>制度タイプ」※1をご確認ください。
      • ※1:当社人事制度に改定があった場合も随時こちらに掲載いたします。
  • 当社規定に応じて、スキルによって個別に等級と金額を決定します
    • 想定年収例 532万円〜826万円
  • 想定年収の算出方法
    • 想定年収=月次給与×12か月+成果給※2
    • 月次給与=(基本給+みなし残業手当+みなし深夜手当)※3
      • ※2:成果給は会社裁量で決定し、金額は原則全社の業績や個人評価、等級によって変動
      • ※3:月間45時間のみなし残業手当、8時間分の深夜手当を含む。実際の労働時間で算出した手当がみなし手当を超えた場合は、その超過分を別途支給
    • 成果給を除く年収例は456万円〜708万円です。
      • 月額は月給38万円※4〜月給59万円※5
        • ※4:月給38万円 (基本給27万8,560円、固定残業代(みなし残業45h相当9万7,958円,みなし深夜8h相当3,482円)を含む)
        • ※5:月給59万円 (基本給43万2,480円、固定残業代(みなし残業45h相当15万2,114円,みなし深夜8h相当5,406円)を含む)

そのほか就業条件など募集要項

募集要項(共通)

ポジションの魅力

  • さまざまなフェーズのプロダクトがあります
    • 長く安定した運用が求められる大規模なものから立ち上げて間もなくスピーディーな機能開発が求められる新規プロダクトまで、多様なプロダクトの開発に関わることができます
  • プロダクトに長く向き合い、ユーザーと近い位置で開発できます
    • 継続利用率が99%以上と非常に高く、問い合わせ・要望や商談での様子といったユーザーからのFBを受けながら腰を据えて「人が欲しいもの」を開発することができます
  • 基盤をつくり、プラットフォーム化を目指しています
    • 自社でのプロダクト開発だけでなく、SmartHRを通じてサードパーティーのアプリケーションを公開・導入できる仕組みも構築が進み、現在β版として提供されています (詳しくは ついにリリース!アプリストアを支える技術について解説してみた - SmartHR Tech Blog をご覧ください)
    • ひとつのプロダクトを用途に最適化するだけでなく、プロダクトを横断した体験の統一やデータ基盤の整備といった大きな仕組みにコミットする機会があります

選考プロセス

  1. 応募検討
    1. 自社イベントを複数(月に1回程度の頻度)で開催予定です。現時点でご興味をもっていただいております場合はぜひイベントより深く当社を知っていただきたく、合わせてご確認いただけますと幸いです!
  2. 選考プロセス
    1. 書類選考
    2. 技術テスト
    3. 人事面談
      1. ご希望の選考スケジュールをお伺いしつつ、選考サポートを行います
    4. 1次面接
    5. 2次面接
    6. 最終面接
    7. オファー面談
      1. 面接結果をもとに給与金額と人事制度(働き方など)をお伝えします

image

技術テストについて

  • 技術テストとは
    • ウェブアプリケーション開発に関する知識やコーディングに関する技術力を評価するためのテストです
  • 内容
    • コーディング問題
      • 基礎的なコーディング問題やデータベース、APIの設計・実装に関連する問題
  • 実施方法
    • 書類選考後にテスト内容をお送りいたします
    • ご自宅で回答ののち、所定の方法で回答をお送りください
    • 回答に際してインターネット検索や書籍参照はOKとします
  • 評価方法
    • 回答内容をもとに技術テストの合否を検討いたします
    • 合格者は1次面接にお越しいただきます
    • 1次面接では、技術テストの回答内容に関して口頭ヒアリングを行い、総合的に合否を判断いたします

開催予定イベント

SmartHR 4daysインターンシップ 2023夏【募集終了】

image

概要

HR領域のB2B SaaS企業として急成長を続けるSmartHRのウェブアプリケーションエンジニアとして、プロダクトデザイナーと合同の長期インターンに参加しませんか?

  • このインターンは労働にまつわる社会課題をなくし、誰もがその人らしく働ける社会をつくる「well-working」の実現を目指すSmartHRでの業務の流れに寄せた実践的な全4日間のハッカソン形式のプログラムです。
  • プロダクトデザイナーとの合同チームにウェブアプリケーションエンジニアとして参加していただき、SmartHRの開発チームの営みのひとつである「アジャイル開発(スクラム)」の流れに沿って、様々なコンテンツに取り組んでいただきます。
  • 4日間のスクラムを通じてウェブアプリケーションを一つ開発しましょう。
  • Ruby on Rails / React(TypeScript) での開発環境とSmartHRのプロダクトエンジニアを準備しています。(サポートできる範囲は限られますが、他言語での開発でもOK)

インターン内容

  • エンジニア学生・デザイナー学生の合同チームが4日間で、テーマに沿ったウェブアプリケーションを開発します
  • 各チームはSmartHRの社員がサポートにつき、企画や実装に関してレビューします。
  • アプリケーション開発におけるSmartHRスタイル(顧客の価値との向き合い方、チーム開発の進め方など)を凝縮して体験いただきます。

開発テーマ

  • 未定
    • (参加者の公平性が担保できる範囲で公開するかもしれませんし、当日のお楽しみになるかもしれません)

タイムライン

  • 参加前:自己学習を希望される方にカリキュラムの提案(任意)
  • 1日目:オンボーディング・プロダクト開発キックオフ
  • 2日目~3日目:スプリント1~2(開発作業)
  • 4日目:スプリント3(開発作業)・成果発表

参加メリット

  • プロダクトデザイナーとチーム体制での開発プロセス体験
  • アジャイル開発を通じた開発の工夫やカルチャーの体験
  • さまざまな職能のSmartHR社員や、他の参加者との交流

日程

  • 2023/09/04 (月)〜2023/09/07(木)
    • 集合時間:10:00
    • 解散時間:19:00(予定)
      • 最終日は20:30終了を予定しています

応募条件

  • 2024年10月〜2025年10月までに入社可能な方
  • 学歴不問(大学院や大学、高専、専門学校等、また学年・学歴・学部・学科は問いません。)
  • 正社員としての就業経験がない方

実施場所

  • SmartHR 東京オフィス
    • 〒106-6217東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー

参加サポート

  • 時給
    • 2,500円
    • 4日間✕8時間の稼働を想定しています
  • 交通費全額支給
  • 宿泊先手配
    • 遠方の方には、9/3の前入り宿泊〜9/7の宿泊までご希望に応じて準備いたします
  • お昼ごはんの手配

選考フロー

  • 書類選考
    • ポートフォリオやこれまでの開発実績などプロフィールをご提出ください
    • ご希望に応じて、カジュアル面談を実施します。お申し込み時に希望をお聞かせください。
  • 1次面接
    • これまでのご経験を現場開発者がヒアリングします
  • 参加決定
    • 面接後10営業日以内に参加可否をお伝えさせていただきます

応募フォーム

※募集は終了しました 応募者多数により面接枠の上限に達したため募集終了します。 みなさまたくさんのご応募ありがとうございました! また選考結果に関しましては順次ご連絡中でございます。もしご連絡ができていない場合は、careers@smarthr.co.jpに問い合わせいただけますと幸いです。

座談会【終了】

  • 現場社員に対し質問を投げかけることができる会です。情報収集の場としてご利用ください

新卒エンジニアのための企業研究|BtoB企業6社が一挙集結!【募集終了】

プロダクトエンジニア応募ページ

プロダクトエンジニア0期生の募集は終了しました。 ご応募いただいた皆さま、ありがとうございました!

社員による発信実績を紹介

SmartHR のウェブアプリケーションエンジニア社員による出版・寄稿・登壇の実績をご紹介します。

『WEB+DB PRESS Vol.134』掲載 はじめての画像回帰テスト Storybook&Chomaticで品質も生産性も向上!

  • 一言紹介
    • フロントエンドのテストの手法のうちの一つである、画像回帰テスト(ビジュアルリグレッションテスト)を実装・運用するための方法を紹介しています。初学者向けにチュートリアルから優しく書いているので、フロントエンドのエンジニアの方にはぜひ読んでいただきたいです!
  • リンク
  • 出版社
    • 技術評論社
  • 出版日
    • 2023年4月22日紙版発売
    • 2023年4月22日電子版発売
  • 社員プロフィール

Software Design別冊シリーズ データベース速攻入門 ~モデリングからSQLの書き方まで

React Conf 2021 登壇 「Accessible Japanese Form Components with React」

手を動かしながら学ぶ TypeScript

『WEB+DB PRESS Vol.123』掲載 さようなら Internet Explorer

  • 一言紹介
    • 当時まだ多くのユーザーが利用していたInternet Explorer 11の対応終了にあたって、何をどういう順序で決めながら進めていくべきか…という非常に泥臭い調整業務について書いてます。IE対応に関連した苦労話を歴史として知っておきたいという酔狂な人はぜひ読んでみてください!
  • リンク
  • 出版社
    • 技術評論社
  • 出版日
    • 2021年6月24日紙版発売
    • 2021年6月24日電子版発売
  • 社員プロフィール

パーフェクト Ruby on Rails 【増補改訂版】

働く環境

Q.グループ内でどのようにコミュニケーションをとっていますか?

各プロダクトごとのチームを中心にコミュニケーションを取りながら開発業務に従事しています。開発手法にスクラムを採用しているチームが多いですが、チームに合わせ他の方法を採用したりと様々です。

毎週水曜日に「テック定例」というプロダクトエンジニアを中心に集まる共有会を設け、リリース状況や開発事例を共有しています。 またその場ではカスタマーサポートグループによってユーザーからの問い合わせ状況や内容も共有されており、ユーザーの声をキャッチアップしています。

Q.勉強会やスキルアップのサポートはありますか?

会社主体の研修よりも、プロダクト開発に関わるメンバーが主体的に開催している勉強会の方がほとんどです。 有志メンバーで開催している勉強会が分野問わず様々あります。 プロダクト開発に必要な知識・スキルの習得は、当人の必要なときに実施するために社内・社外の機会を積極的に活用していきたいと考えているので、当人の課題感に応じてサポートをしています。

実施例:Rails アップデート会、スクラム講座、バックエンド定例、フロントエンド定例、GCP会、パフォーマンス改善 など

Q.どんな福利厚生がありますか?

代表的なものをご紹介します。 他福利厚生に関する情報は「会社紹介資料」をご確認ください!

  • 働きやすさ
    • リモートワーク手当(5,000/月)
    • リモート環境を整える手当て(入社時に25,000円)
    • 1Password を全社員に付与
  • コミュニケーション活性化
    • フリーアルコール(毎日18:00〜)
    • 部活制度(1人 1,500円補助/回。何回でも利用可)
  • スキルアップ
    • 資格補助費用の会社負担
    • 勉強会や講座受講の会社負担(都度相談)
    • 社内勉強会向けの書籍購入制度
  • 育児サポート
    • 出産時の特別休暇(男女とも法定休業と別に10日)
    • 育児環境を整える補助(10万円支給。食洗機やルンバ購入に利用OK)

参考情報